<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

去年の暮れに作ったPerminのちいさなサンタさんの3作目にとりかかりました。
馬に使われているライトブラウンの糸が足りなくなり、ちょっとあわてましたが、幸いなことにDMCの糸が使われていて、品番は載っていなかったのですが、糸見本帳で照らし合わせてなんとか同じ糸を見つけられました。キットはこういうことがあるので、糸は慎重に使わないと困ったことになりますね。
f0118001_13523147.jpg

今年こそ4作揃えて飾りたいものです。
サボさんのクリスマスオーナメントの交換会にも参加したので、早め早めに進めようと自分に活を入れています。

さて、ブログを始めようと思った時は、手作りの他に自分の好きな本なども載せたいなあと思っていたのですが、全然載せていませんでした。本と言っても主に絵本、児童書が大好きなので、これらをポツポツと書いていきたいです。まず1冊目は私が初めて知った岩波の児童書です。
f0118001_1404310.jpg

f0118001_14122.jpg














「スザンナのお人形」 フランスのおはなし 訳 石井桃子 絵 高野三三男
「ビロードうさぎ」 作 マージェリィ・ビアンコ 訳 石井桃子 絵 高野三三男

岩波の子どもの本 岩波書店

この絵本のシリーズは今でも発行されていると思いますが、私が子どもの頃(X十年前)には右の写真のようにカバーの折り返しに子どもに向けた本の取り扱い方が出ていて、これがとても印象に残っています。ですから、私は本に対する思い入れが強く、大切に扱い、広げて伏せたり、ページを折ることは絶対にしないです。

この「スザンナのお人形」のお話はあるとても強情な女の子が思い上がったことを言ったばかりにしなければならなかった経験について書かれています。とてもびっくりしたのは日本の親はまずしないであろうことを断固として行った彼女の両親のことでした。毅然とした親の態度が大事なんだなとつくづく今読み返して感じています。女の子の大事にしていた人形に対する気持ちもとても心に残る本です。
併せて載っている「ビロードうさぎ」もぬいぐるみのうさぎさんの切々たる思いが伝わってきて、涙が出てきます。このお話は最近になって酒井駒子さんの絵で出版され、大感激しています。
[PR]
by kotori79_2006 | 2007-11-10 14:30 | 私の好きな本
ハロウィーンはとっくに過ぎましたが、やっと完成しました。
f0118001_1959216.jpg

A HALLOWEEN SAMPLER I
Designed by Sandra Sullivan
COPYRIGHT 2003 HOMESPUN ELEGANCE LTD.

Fabric: Zweigart 32count Dirty (チャートの指定は28countです。)
Threads: Weeks Dye Works, Sampler Threads, DMC

かぼちゃと星のチャームを付けました。
[PR]
by kotori79_2006 | 2007-11-05 02:05 | Homespun Elegance
残念ながら、ハロウィーンには間に合いませんでした。でも、ま、いいか。ここまでできました。
f0118001_16354935.jpg


あと2コマちょっとを残すだけなので来年まで凍結しないで、仕上げちゃうつもりです。
季節おくれもなんのその、マイペースです。この図案は刺していて楽しいです。
[PR]
by kotori79_2006 | 2007-11-01 16:38 | Homespun Elegance