<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

15日の木曜日にお休みをとって、ひとりで東山魁夷展へ行ってきました。絵の展覧会は結婚してから一度も行っていなかったと思います。

f0118001_22321493.jpg


思い切って行って、本当に良かったです!とにかくすばらしくて、類い希な才能に圧倒されました。何色とは一口には表現できない色と構図が心をとらえます。唐招提寺の障壁画では波と風を体に感じるようなのです。有名な絵はもちろんすばらしいのですが、スケッチや試作なども見逃せないものばかりでした。薄墨でスケッチした風景は間近で見ると一筆ぐらいでさっと描いただけなのですが、離れてみると見事に本物の雲や空の光、岩山などがそこにあるのです。普段何気なく見過ごしてしまう、木の根本にある落ち葉や、うっすらと雪が積もりかけた枯れ草、水に映った窓がゆらめく様子、石の肌触りがわかるようなヨーロッパの家の壁などなど..。感性と観察力、そして根気強い努力が大切なんだなとしみじみ思いました。

特に心に残ったのは写真手前の「冬華」と「残照」です。暖かな光が感じられました。本当に幸せな時間でした。

都心に出たのも何年ぶりかで、すっかり田舎者になっていました。久しぶりの展覧会場と街で感じたのは...「日本は本当に高齢化社会になっている!」
展覧会は平日だったのでほとんどが60歳以上と思われる方々ばかりでした。しかも、たくさんの人手で、入るのにも並びました。 そして、会場から日本橋へ出てみると、老舗のデパートという場所柄もありますが、お客さんも店員さんも高齢者が多かったです。私なんか、ひよっこみたいでした。ちょっと安心したような、なんか不安なような複雑な気持ちでした。
[PR]
by kotori79_2006 | 2008-05-18 23:07